無料で電子印鑑 を作成してオンライン請求書をつくる方法

個人事業主のみなさん、おひとりさまサロンオーナーさん、請求書などにハンコが必要になり、データ作成したものをプリントアウトして押印するのって面倒ではないですか?

そんなとき電子印鑑があったら便利ですよね。電子印鑑ならWEB上で作った書類にWEB上で押印してメールで送ることもできるんです。今回は個人事業主のみなさん、おひとりさまサロンオーナーさん向けに、無料大好きな私が使っている無料で電子印鑑の作り方をご紹介します。

無料電子印鑑 で経理作業を完全ペーパーレス化

無料オンライン画像編集ソフト「PIXLR X」を使います。このソフト(ソフトと言ってもブラウザのページです)を利用すれば、本物のはんこから電子印鑑を作成して、ワードやエクセルで作成した請求書や見積書などの書類に押印できるのです。見積書や請求書などの書類は、大抵エクセルやPDFで作成されていますよね。電子印鑑ならWEB上で作った書類にWEB上で押印してメールで送ることもできるので大変便利です。

電子印鑑を使う前は、見積書や請求書を作成するときは、一度紙に印刷してから会社のはんこ(角印)を捺印してお客さんに発送または手渡ししていました。見積書や請求書に会社印が無くても法的に問題はないのですが、一般的な商習慣として会社印はあったほうがいいです。とくに官公庁と取引があると、必ず押印済みの書類を求められます。

電子印鑑って無料で作れるんだ!?無料で経理作業がオンライン化出来たら作業が減って便利!

無料オンライン画像編集ソフトPIXLR Xとは?

無料のウェブアプリです。アプリと言っても、パソコンにダウンロードして使う物ではなくブラウザでアクセスして使えるので導入も手軽です。アクセスはこちらからもできます。PIXLR XはFlashを使わないウェブアプリなので、Windows、Macを問わずどのブラウザでも利用できます。

アプリをパソコン上にダウンロードするのって面倒だから、ここが私のPIXLR Xのお気に入りポイントの1つ!

「PIXLR X」を使えば、手持ちのハンコから電子印鑑を作成して、ワードやエクセルに画像として貼り付けできるんです。

スマホだけでも電子印鑑が作れる

スマホで使えるモバイルアプリもあるので、スマホで電子印鑑を作れます。だからスマホだけで請求書作成から発送まで可能なんです。

「PIXLR X」で電子印鑑を作成する方法

PIXLR Xで電子印鑑を作る3ステップ

PIXLR Xで電子印鑑は3ステップで作れます。

  1. 電子印鑑にしたいハンコを白い紙に押印する
  2. ハンコの印影を画像としてPIXLRに取り込む (やり方は2通りあります)
  3. PIXLR Xで画像編集をして電子印鑑に加工する

1.電子印鑑にしたいハンコを白い紙に押印する

まず白い紙に電子印鑑にしたいハンコを押印します。

PIXLR Xでは色の調整ができません。なるべく朱肉の色がはっきりした印影になるように注意が必要です。

2.ハンコの印影をPIXLRに取り込む

ハンコの印影をPIXLR Xに取り込む方法は2つあります。スキャナではんこの印影をスキャン、またはスマホで撮影した印影を使うという2通りです。スキャナがある場合はスキャンする方法がおすすめです。

方法①スキャナではんこの印影をスキャン

ハンコの印影をPIXLRに取り込む

スマホで撮影した画像を使う方法もありますが、スキャナがある場合はスキャンする方法がおすすめです。スキャン画像はPDFではなくJPEG形式で保存してください。

「画像を開く」で、PCに取り込んだハンコの印影画像を選択して取り込み完了です。

方法②スマホで印影を撮影

明るい場所で撮影します。PIXLR Xのページを開く。「画像を開く」で、PCに取り込んだハンコの印影画像を選択して取り込み完了です。

3.PIXLR Xで画像編集をして電子印鑑に加工する

取り込んだ画像を編集していきます。

左側のツールで画像を加工します。 

印影を切り抜き

印影まわりの余白を減らします。「切り抜き」を選んで、印影を囲む。 

このとき印影が傾いていたら「水平にする」で調整します。 余白を減らす範囲が決まったら「適用」をクリックして切り抜きを確定。 

印影画像の色調整

印影画像の色調整をします。

電子印鑑を透過PNG画像にする

電子印鑑はこのまま保存しても十分に使えます。しかしこのままでは背景が白なので、文字などにかぶった場合は印影の背景に文字等が隠れてしまいます。背景を透過させることで、より本物の印鑑のように文字にかぶせて押印することができます。

印影の背景を透明にして、透過PNG画像に

左のツールから「カットアウト」を選んで、「マジック」ツールを選択します。モードが「消去」になっているか確認。そして「隣接部分のみ」をオフにします。

これで印影の外側を選ぶだけで、消去しにくい内側の余白や隙間まで一気に選択することができます。

続いて印影画像の余白をクリック。すると写真のように印影の内側にある余白まで一気に消去できました。

完成した電子印鑑を「保存」

編集が完成した電子印鑑を保存します。このとき拡張子は必ず「PNG」を選びましょう。JPGやPXDは背景が透明になりません。エクセル等で書類に画像として張り付けた際に拡大縮小できますが、PIXLR Xで保存する際に幅や高さを変更することも可能。

電子印鑑をエクセルやワードで使う

できあがった電子印鑑をさっそく使ってみよう!

画像をコピーして貼り付けるだけです。サイズはその場で拡大縮小で調整できます。またはPIXLR Xで保存する際に幅や高さを変更すれば、印影と同じ大きさの画像を事前に作成することも可能。

電子印鑑を紙に印刷しても本物の印鑑が押してあるように見えます。

まとめ

無料で電子印鑑
最新情報をチェックしよう!